印鑑の書体について

| | コメント(0) | トラックバック(0)

印鑑は選ぶ書体によっても、デザインやイメージが変わるものです。書体には一体どのような種類があるのでしょうか。

▼篆書体(てんしょたい)

元々中国から伝わってきた印章にとって、4000年近い歴史を持つ漢字の元である「甲骨文字」から「金文」、「大篆」と派生し、そして「大篆」ではまだ字画が複雑で書くのには不便であったので、秦の始皇帝の命により改良され「小篆」が作成されました。その「小篆」が、印章では一般的に「篆書体」といって用いられている書体です。 日本銀行発行のお札に押されている印鑑にも用いられていて、歴史を感じさせる書体です。

吉相体(きっそうたい)

篆書体から進化させた書体で印相体や八方篆書体とも呼ばれ、開運印相としてもよく用いられます。歴史的にはまだ浅く、近年開発された書体ですが、縁起の良い書体として注目されています。

古印体(こいんたい)

ルーツは大和古印と呼ばれている奈良時代の寺社印で、日本で進化した独特の印章用の書体です。読み易く端麗な印影のはんこにしたい方にお勧めです。

隷書体

篆書(てんしょ)を書き易くしたものが隷書(れいしょ)です。秦の時代につくられた実用書体。篆書を簡略化し直線的にしたもので、バランスがとれ読みやすい書体です。木簡や竹簡に書いた書体で、竹簡の丸みが横画に独特なうなりと張りを生み扁平に書くのが特徴です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 印鑑の書体について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.telemaxu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/61

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoyaが2010年4月 1日 14:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「示談書を作成するには」です。

次のブログ記事は「出生届について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01