便利が広がるゴム印

| | コメント(0) | トラックバック(0)

近年「署名捺印」の「署名」部分が(法人、団体においては特に)ゴム印に替わってきている傾向が見られます。欧米ではサインにあたり、本人確認という面では日本の印章以上に重視されています。わが国でこの部分がゴム印に替わってきた理由のひとつはそのつど書くのが面倒だから、ということもありますが、手書きによる書き間違いを防ぐという意味もあります。自分の名前を間違う人はあまりいないと思いますが、会社名や住所その他にしてもゴム印にしておけば間違うこともありません。

近頃は個人でも、祝い袋や香典袋などに使える『慶弔用ゴム印』を活用したり、手紙や手帳などにお気に入りのキャラクターゴム印を押して楽しんでいるという方も増えています。

また、Adobe Illustrator(アドビ イラストレータ)で作成したデータでオリジナルゴム印が簡単に作れるので、個人で楽しんだり、お店の販促に使用したり、仕事で活用したりなど、ゴム印の使い方は無限大に広がっています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 便利が広がるゴム印

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.telemaxu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/63

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoyaが2010年4月15日 18:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出生届について」です。

次のブログ記事は「チタン印鑑の人気」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01