2011年7月アーカイブ

自分を示す印鑑、芸術の世界で自分の作品を示す印鑑として落款が使われますが、
雅号を用いた場合の印鑑のことを雅印と言います。
作品のところに落款がある場合も多いですが。
画号で描いた時には、やはり雅印じゃないとということですね。

現在、その雅印をアレンジして、印鑑として売り出されています。
例えば、拓也というお名前の方も一文字をとって、
“拓”を雅号とした場合、拓一文字の雅印です。
その書体も様々なものがあります。

正式文書では使えないものですが、遊び心たっぷりに雅印を使ってみてください。
いろいろな種類の書体や字がありますよ。

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01