hankoya: 2011年1月アーカイブ

印鑑を使う機会はとても多くあります。ゆりかごから墓場まで、日本に在住の方でしたら、印鑑に始まり印鑑に終わると言っても過言ではありません。日本人は生まれたら、市町村に届出をしますが、そこで初めて保護者の印鑑を押され、すくすく育ち独立をした時点で自分の印鑑を持つようになります。そこからは、金融にかかわること、結婚などの市町村に届出するもの、自動車や不動産の売買、荷物の受け取りなど、重要な場面から日常的なことまで印鑑がなければ生きてゆけないのです。そして、最後は死亡届に印鑑が押され、印鑑人生が終わります。

印鑑の中で一番大切な究極な印鑑、それが『実印』です。
実印を登録できる年齢には制限がある事や、不動産や車の購入等の人生の大切な場面で使う事から、実印を持つ=一人前の人間とみなされると言っても過言ではありません。
自分も実印を持ったときに『大人になったんだな~』と実感した覚えがあります。
成人式のお祝いに印鑑をプレゼントするという事がよく見られるのはそのためかもしれませんね。
一人前の証として実印を持つ…とても意味のある大切な印鑑です。
一生モノとしても使える象牙や欠けにくいチタン等で作るのがおすすめです。

このアーカイブについて

このページには、hankoya2011年1月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはhankoya: 2010年9月です。

次のアーカイブはhankoya: 2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01